栄養科
nutrition_img01.jpg

5名のスタッフがおり、栄養相談、栄養管理、栄養サポートチーム、給食管理などの業務を行っております。

栄養科のスタッフは、管理栄養士の資格の他に、糖尿病療養指導士、病態栄養専門師、NST専門療法士などの資格を持った者もおります。また、質の高い栄養管理を行うために、勉強会や学会の参加、研究に積極的に取り組んでいます。

主な業務内容
栄養相談
nutrition_img06.png

食品交換表

nutrition_img07.png

カンバセーションマップ

入院、外来患者さんを対象に栄養相談を実施しております。

(糖尿病、腎臓病、心臓病、高血圧症、脂質異常症、メタボリックシンドローム、膵臓病、肝臓病、胃切除後、潰瘍性大腸炎など)

病態や個人の生活習慣に合わせた相談を行います。ご希望の方は主治医へお申し出ください。

また、糖尿病生活習慣病センターでは、医師、看護師、薬剤師が連携して管理をしております。

定期的に糖尿病教室も開催しておりますので、参加を希望される方は、スタッフにお声をおかけください。

(栄養科が担当する内容:食品交換表について、外食・嗜好品について、カンバセーションマップなど)

栄養管理

入院患者さんの身体状況や栄養状態を把握し、栄養プランを作成しております。

栄養サポートチーム

医師、看護師、薬剤師、言語聴覚士が連携して、食欲不振や低栄養状態などの入院患者さんを対象に、栄養のサポートを行っております。

入院食の提供

病態に合わせて、食べやすさを考慮した食事を提供しております。また、行事食や選択メニューも実施しております。

nutrition_img03.jpg

地域への活動
nutrition_img02.png

地域住民の方へ、栄養に関する情報提供を行っております。外来ロビーにて、年4回展示、リーフレットの配布を行っておりますので、興味のある方はぜひご覧ください。また、地域の方に栄養に関する医療講演も行っております。