消化器内科
当科の特長

消化管の疾患では胃癌、大腸癌、胃・十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎、クローン病、大腸ポリープ、肝臓の疾患では肝癌、肝硬変、急性・慢性肝炎、膵臓の疾患では膵臓癌、膵嚢胞、急性・慢性膵炎、胆嚢に疾患では胆嚢癌、胆石症、胆嚢炎、胆嚢ポリープなど様々な病気を治療しています。

外来

平日の午前・午後開いています。消化管疾患の定期診察、また急な腹痛など消化器症状を有する患者さんの診察をしています。
外来での抗がん剤治療は3階の化学療法室で行っています。

病棟

急性期は3階にある消化器内科・消化器外科合同病棟で、慢性の患者さんは4階にある地域包括ケア病棟に入院して頂いています。

内視鏡センター

胃カメラや大腸カメラ検査はもとより、超音波内視鏡(EUS)、内視鏡的逆行性膵胆管造影(ERCP)で胆膵疾患の診断や治療も行っています。またカプセル内視鏡やバルーン内視鏡を用いて小腸病変に対し検査や治療を行うこともできます。早期胃癌、大腸癌に対して低侵襲である内視鏡的粘膜剥離術(ESD)、緊急の吐血、下血といった消化管出血に対し内視鏡を用いた止血術もしています。

医師紹介
院長代理
三浦 洋輔
出身・専門等
  • 福島医大H9卒
  • 北大大学院H17卒
  • 日本消化器内視鏡学会指導医・専門医
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本消化器病学会指導医・専門医
  • 日本肝臓学会肝臓専門医
部長
西尾 仁
出身・専門等
  • 北大医H4卒
  • 日本消化器内視鏡学会指導医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本内科学会専門医・認定医
医長
目野 晃光
出身・専門等
  • 北大医H29卒
医長
横山 達也
出身・専門等
  • 北大医H29卒
    主な治療対象
    分類 疾患名
    消化器系の疾患
    • 消化管(食道癌、胃癌、大腸癌、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎、クローン病など)
    • 肝臓(急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝臓癌)
    • 膵臓(急性膵炎、慢性膵炎、膵臓癌、膵臓嚢胞)
    • 胆嚢(胆石、胆嚢炎、胆嚢癌、胆嚢ポリープなど)

    治療実績
    2018年度
    • 内視鏡総件数 6,778件
      上部消化管内視鏡 2,845件
      下部消化管 2,807件
      経鼻内視鏡 65件
      緊急内視鏡検査(止血術含む) 167件
      内視鏡的異物除去 20件
    • 上部消化管EUS 136件
      上部消化管ESD 53件
      下部EMR 661件
      ERCP 256件
      小腸内視鏡 11件
      小腸カプセル内視鏡 18件