循環器内科
当科の特長
dep08_img_01.jpg

循環器内科というと一般的には心臓だけを診ると思われがちですが、実際は、扱う疾患は心臓疾患(弁膜症狭心症心筋梗塞など)・手足などの末梢血管疾患・高血圧・不整脈・心臓リハビリと多岐にわたっています。当科は特に不整脈治療・血管内治療・心臓リハビリに力をいれております。当科では、胸を開くことなしに、カテーテルという細い管を手首や足の付け根の血管から入れて心臓の冠動脈、上下肢・腎動脈の"詰まり"の治療をおこなっています。技術や道具の進歩のため以前よりも入院期間が短縮され、通常の治療では3~4日という短期間の入院での治療となっています。

また、不整脈の治療も当科で行っています。脈が極端に遅いために起こる、めまいなどの自覚症状のある方へのペースメーカーの植え込みは以前からおこなっていました。しかし、ペースメーカーの植え込み後に心臓の働きが低下し、心不全となる方が中にはいます。これを防ぐために効果があると考えられている手法でのリードの植え込みを当科では積極的に進めています。また、最近、不整脈の治療でも、薬によらない治療があります。当科でも、本年度からカテーテルをつかった治療を始めました。特に脈がバラバラになり激しい動悸を感じる心房細動(長嶋茂雄さんの脳梗塞の原因)が高齢化とともに非常に増えております。発作的になる方は、一定の条件がクリアーできていれば、現在、カテーテルでの治療が第一選択となっております。現在、治療日が1日/月ですが、今後、検査日を増やしていくことを考えています。動悸の自覚のある方はご来院ください。

また現在、高齢化が急速に進んでおり、慢性の心不全患者さんが爆発的に増えていて、国会でも法案が通り、国家レベルでの対応となっています。心筋梗塞・弁膜症などで心臓の働きの弱った方は、入退院を繰り返し、徐々に心臓の働きが低下してしまう経過をたどります。この心臓の働きの低下を予防し入院のリスクを減らすには心臓リハビリが有効です。リハビリのスペース・スタッフ不足などから、現在、退院後の患者さまを対象としてリハビリを行い、対応できる人数に限りがありますが、ニーズの高い分野でもあり、将来的に拡充させたいと考えています。当科は24時間体制で循環器内科専門医での対応をしております。胸が苦しい。動悸がする。歩くとふくらはぎが痛い・だるいなどの症状があれば

お気軽に受診してください。

医師紹介
部長
成田 浩二
出身・専門等
  • 旭川医大S62卒
  • 日本内科学会認定内科医・内科専門医
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本循環器学会循環器専門医
  • 日本医師会認定産業医
部長
牧口 展子
出身・専門等
  • 旭川医大H7卒
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本循環器学会循環器専門医
  • 日本心血管インターベンション治療学会専門医
  • 浅大腿動脈ステントグラフト実施医
部長
平山 康高
出身・専門等
  • 旭川医大H11卒
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本循環器学会循環器専門医
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本心血管インターベンション治療学会認定医
部長
下岡 良典
出身・専門等
  • 旭川医大H18卒
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本循環器学会循環器専門医
  • 日本心血管インターベンション治療学会専門医
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本心臓血管内視鏡学会認定医
医長
鈴木 伸穂
出身・専門等
  • 旭川医大H26卒
  • 日本内科学会認定内科医

主な治療対象
分類 疾患名
心臓・循環器系の疾患
  • 高血圧・心筋梗塞・狭心症・心臓弁膜症・不整脈・四肢血行不全(動脈閉塞・静脈炎)

治療実績
  • 2019年度
    経皮的冠動脈血管形成術(PCI) 緊急:38件 待期的:209件
    末梢血管形成術(EVT) 91件
    ペースメーカー植え込み 新規30件、交換23件
    経皮的心筋焼灼術(ABL) 23件

    など

  • 2018年度
    経皮的冠動脈血管形成術(PCI) 緊急: 55件 待期的264件
    末梢血管形成術(EVT) 54件
    ペースメーカー植え込み 新規34件、交換12件

    など

※経皮的冠動脈血管形成術(PCI)

狭くなったり、塞がった冠動脈の血管を押し広げ、血流を取り戻します。筒状のカテーテルを冠動脈手前まで挿入し、細いワイヤーで狭窄部位や閉塞部位を通過させ、ワイヤーに沿ってバルーンを膨らませ、その部位にステントを留置する方法が主な治療法となります。

※末梢血管形成術(EVT)

狭くなった血管を広げる治療なのはPCIと一緒ですが、主に下肢の動脈に対して行われる治療です。上肢や脳、腎臓に血液を送る動脈に行われることもあります。