医療法人北晨会 恵み野病院 臨床研修医募集サイト

恵み野病院ホームページ
お問い合わせ
恵み野病院 病院見学 恵庭市の紹介

北海道内屈指の大学病院を協力型とする研修

 当院初期臨床研修プログラム最大の特徴は、2年目の自由選択研修期間(11ケ月)において、北海道大学病院札幌医科大学附属病院及び旭川医科大学病院全診療科を対象に原則3ケ月以内(希望によっては最大6ケ月まで)の研修が可能であるということです。これは、幅広い研修体験を希望する研修医の期待に最大限に応えようとするもので、初期研修終了後に大学医局入局も視野に入れる研修医にとって心強い経験になります。また、大学病院研修期間中にあっても身分は当院職員のままであり、給与も当院から支給(3ケ月まで全額支給・4ケ月以降6ケ月まで8割支給)されます。
 将来の高度な医療人を目指す研修医を後押しする当院研修プログラムの最大の特徴となっております。

マンツーマンの指導体制

 当院は、病床数199床、医師数は30名と市中の大病院と比べると規模的には劣りますが、その分きめ細かな指導体制を整えております。多くの研修医を抱え一人当たりの症例数が限られる大病院と違い、当院ではマンツーマンでの指導が受けられます。当院では診療科の垣根が低く、医局には全ての科の医師が一堂に会するため、研修を受けている診療科以外の医師にも気軽に質問できたり、指導を受けたりすることが可能です。
 また、次項に示すとおり救急件数も多く、当直等で基本的な疾患や様々な症例を経験し、指導を受けることができます。

豊富な診療実績

1. 患者数・検査件数等

 当院の患者数は、昨年度実績で外来1日平均460名、入院1日平均164名。内視鏡件数や心臓カテーテル件数(治療を含む)【表1】、糖尿病の患者数、水頭症の治療件数等いずれも道内の病院の中で上位を占めています。
 下表は2016年度DPC病院退院患者統計から抜粋した主な診療実績を示しています。

MDC分類 DPCコードに基づく病名 治療件数 順位
北海道 全国
神経系疾患 水頭症 19 4位 90位
耳鼻咽喉科系疾患 前庭機能障害 60 19位  
呼吸器系疾患 胸壁腫瘍、胸膜腫瘍 10 13位  
循環器系疾患 狭心症、慢性虚血性心疾患 586 10位  
消化器系疾患、肝臓・胆道・膵臓疾患 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 398 16位  
穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 45 14位  
胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄
(穿孔を伴わないもの)
33 17位  
虚血性腸炎 40 6位 98位
劇症肝炎、急性肝不全、急性肝炎 18 7位 71位
アルコール性肝障害 10 20位  
肝硬変(胆汁性肝硬変を含む) 31 13位  
胆嚢疾患(胆嚢結石など) 49 3位  
急性膵炎 24 16位  
慢性膵炎(膵嚢胞を含む) 16 7位  
内分泌・栄養・代謝に関する疾患 2型糖尿病(糖尿病ケトアシドーシスを除く)
(末梢循環器不全あり)
21 19位  
腎・尿路系疾患及び男性生殖器系疾患 上部尿路疾患 85 12位  
前立腺肥大症 24 12位  
水腎症(その他) 26 14位  

2. 心臓カテーテル治療数ランキング【表1】

 道新受験情報冊雑誌「北海道の病院2018」に掲載されている心カテーテル治療数ランキングにおいて、
 当院が道内第7位にランクインしました。順位は以下の通りになります。

順位 医療機関名 所在地 心カテ治療
治療数 うち緊急
1 SSKクリニック 東区 2278 414
2 T会SH病院 東区 845 55
3 HSクリニック 豊平区 469 36
4 HJ病院 中央区 429 34
5 市立T病院 苫小牧市 363 104
6 HO病院 西区 362 131
7 医療法人北晨会恵み野病院 恵庭市 360 40
8 TK病院 手稲区 350 120
9 KKK病院 釧路市 345 107
10 HK病院 東区 339 33
11 H病院 帯広市 335 10
12 SS病院 白石区 328 29
13 市立H病院 函館市 301 139
14 市立S病院 中央区 294 73
15 HG病院 函館市 289 102
16 KC病院 東区 286 49
17 K病院 北見市 281 10
17 SM病院 室蘭市 281 121
19 HK病院 北見市 274 6
20 JA病院 旭川市 260 33
20 OS病院 苫小牧市 260 92
※雑誌アンケートで「心カテ―テル治療数」が10例以上と回答した医療機関を掲載。20位以下は省略させていただいております。
道新受験情報別冊「北海道の病院2018」心カテーテル治療の記事より抜粋
発行所:北海道新聞社

3. 救急車搬送による入院件数

 当院は市立病院のない恵庭市において、開院当初から24時間体制で救急医療に貢献してきました。下図は、2016年度札幌圏におけるDPC病院の救急車搬送による入院件数です。