病院から皆様へ

恵み野病院基本方針

  • 恵み野病院の基本方針
  • 地域住民から安心、信頼される病院を目指します。
  • 医療技術、サービスの向上、十分な情報提供と同意に努め、常に質の向上を求めます。
  • 地域医療機関と連携し、機能分担の促進と医療資源の効率的活用を図ると共に地域医療の充実、発展に努めます。
  • 患者の権利・義務
  • 個人としての人格を尊重され、良質な医療を公平に受ける権利があります。
  • 適切な情報提供や、十分に納得のいく説明を受ける権利があり、他の医療機関での説明や、医療を受けることもできます。
  • 納得をもとに、治療法などを自らの意思で選択する権利があります。
  • 自分の診療録の開示・説明を求める権利があります。
  • 個人の情報やプライバシーを保護される権利があります。
  • 上記の権利を守るため、患者は病院職員と力を合わせて医療に参加・協力する義務があります。
  • 職業倫理
  • 私たちは、医療に携わることの尊厳と責任を自覚し、教養を深め、人格を高めるよう心がけます。
  • 私たちは、常に医学の知識と技術の向上に努め、その進歩・発展に尽くします。
  • 私たちは、医療を受ける人びとの人格を尊重し、やさしい心と態度で接するとともに、医療内容についてよく説明し、信頼されるように努めます。
  • 私たちは、医療の公共性を重んじ、医療を通じて社会の発展に尽くすとともに、法規範の遵守に努めます。
  • 私たちは、互いに尊敬し、協力して医療に尽くします。
  • 臨床倫理方針
  • 患者の人権を尊重し、患者と医療従事者が協力して、患者中心の公正かつ公平な医療を提供します。
  • 患者の信条や価値観に十分配慮し、生命倫理に関する法令、ガイドラインおよび当院規定の実施手順にしたがった医療を提供します。

恵み野病院の安全管理体制

  • 恵み野病院では、医療の安全と信頼の確保を図るため「医療安全管理委員会」を設置し、全職員が医療事故の防止と医療の質の向上に努めています。
  • 「医療安全管理委員会」は、当院を代表するメンバーで構成され、医療事故を防止するための対策や、職員研修、その他医療の安全管理、皆様方からのご意見、ご感想などについての検討をしています。
  • 医療安全管理委員会のほか、各部門の安全管理責任者で構成する「リスクマネージメント部会」を設置するなど、医療安全管理委員会と連携し医療安全管理対策の強化に努めています。
  • 恵み野病院 医療安全管理部門
  • 恵み野病院 医療安全管理指針(PDFファイル)

患者−医療者のパートナーシップ強化について

1.基本方針

医療の質の向上と患者の安全確保は、医療者側の取組みだけで達成されるものではなく、患者と医療者とが相互の信頼関係に基づき協同して築き上げて行くものであり、患者自身が積極的に医療に参加をすることが重要である。
我々はそのような患者−医療者のパートナーシップを強化し、安全で快適な医療環境を提供するよう努力しなければならない。

2.具体的な実践方法
  • 「患者の権利・義務」を明確に示し(※1)、日常診療の基本とする。特にセカンドオピニオンについては、希望の有無にかかわらず説明を行い、自己決定権の一助となるように努める。
  • 「患者さんへのお願い」を具体的に示し(※2)、患者自身の積極的な参加を求める。
  • 患者の安全確保、説明と同意など、患者の権利に係わる重要な問題について、「医療安全管理マニュアル」を基に、医療安全管理の原則を徹底する。
  • 医療情報の保護を厳重に行うために、電子カルテシステムの適切な運用に努める。
  • 医療安全、その他診療全般に関しての相談・苦情について、適切に対応する(地域医療連携室相談係、医事課、患者サービス向上委員会がその任に当たる)。
3.患者の権利・義務
  • 個人としての人格を尊重され、良質な医療を公平に受ける権利があります。
  • 適切な情報提供や、十分に納得のいく説明を受ける権利があり、他の医療機関での説明や、医療を受けることもできます。
  • 納得をもとに、治療法などを自らの意思で選択する権利があります。
  • 自分の診療録の開示・説明を求める権利があります。
  • 個人の情報やプライバシーを保護される権利があります。
  • 上記の権利を守るため、患者さんは病院職員と力を合わせて医療に参加・協力する義務があります。
4.患者さんへのお願い
  • より良い医療を実現するために、自分自身の健康に関する情報(薬歴、アレルギー歴、検査歴、既往歴、診療歴、手術歴など)をできるだけ正確にお伝え下さい。
  • さまざまな文書に基づいて行われる、検査・治療の手順や注意事項について、良く説明を受け、理解しておきましょう。良く理解できない場合には、納得できるまでお尋ね下さい。
  • 検査や注射・点滴などの治療を受ける際には、自分の名前を確認して下さい。
  • 感染防止のため、病室へ出入りする際には、入口に備え付けの消毒薬で手指の消毒をして下さい。
  • 転倒や転落などの事故防止のため、歩行や立ち上がりに不安のある方は、遠慮なく介助を受けてください。
  • 他の患者さんの医療の妨げにならないよう、配慮して下さい。

臨床研究への協力について

当院では、医学の進歩及び医療の質向上を図るために必要な情報を提供すべく、以下に掲げる臨床研究への参加協力をしております。提供する情報からは住所・氏名等個人が特定できる情報は削除します。また、このような研究に対しては、国が定めた指針に基づき、対象となる方から個別に、直接同意を得ることはしておりません。研究に関する情報を公開し、さらに拒否の機会を保障するようにしております。これを「オプトアウト」と言います。オプトアウトを行っている臨床研究は以下の通りです。研究への協力を希望されない場合は、リンク内に記載されている担当者までお知らせください。尚、研究への不参加を申し出られた場合にも、なんら不利益を受けることはありません。

レセプトおよびDPCデータを用いた心疾患における医療の質に関する研究
項目 内容
1.研究課題名 レセプトおよびDPCデータを用いた心疾患における医療の質に関する研究
2.研究責任者 恵み野病院・循環器内科医師 成田浩二
3.対象となる方 平成2015年4月から平成2016年3月に当院循環器内科に入院した患者
(但し、期間の延長あり)
4.研究の目的 JROAD調査施設の中からDPC参加病院を対象に、病名や診療行為の明細が含まれたDPCデータを集め、データベースを作成。
得られたデータに基づいて、医療の質を向上するのに必要な情報を循環器学会員へ発信し、循環器診療の質を向上させるための基本的な資料とする
5.収集するデータ 性別・入院時年齢、入院時診断名・入院時併存症病名・入院後合併症病名とこれらのICD−10コード、手術処置名、実施日、使用された薬剤・医療材料、在院日数、退院時転帰、費用など
6.研究機関 国立循環器病研究センター循環器病統合情報センター
7.問い合せ先 国立循環器病研究センター内JROAD事務局
06-6833-5012(内線8356)
【当院担当者】
恵み野病院・診療情報管理室 中條晴樹
0123-36-7555

レセプト等情報を用いた脳卒中救急疫学調査
項目 内容
1.研究課題名 レセプト等情報を用いた脳卒中救急疫学調査
2.研究責任者 恵み野病院・脳神経外科医師 貝嶋光信
3.対象となる方 平成2015年4月から平成2016年3月に当院にて脳卒中や脳神経外科関連疾患の治療を受けた患者
(但し、期間の延長あり)
4.研究の目的 脳卒中の診療施設から提供される入院患者診療情報により、脳神経外科関連のICD10コードに基づいて対象症例を絞り込んだ全国規模の大規模データベースを構築し、今後の脳卒中関連の研究等に活用するとともに、医療施設の負荷を抑えた方法で脳卒中症例データベース構築を継続していく
5.収集するデータ DPCデータ(様式1ファイル・様式3・様式4・EF統合ファイル・Dファイル)、外来EF統合ファイル
6.研究機関 九州大学大学院 医学研究院 脳神経外科
7.問い合せ先 J−ASPECTS Study研究班事務局
j-aspect@ns.medkyusyu-u.ac.jp
【当院担当者】
恵み野病院・診療情報管理室 中條晴樹
0123-36-7555

医療の質と経済性に関する実態調査
項目 内容
1.研究課題名 医療の質と経済性に関する実態調査
2.研究責任者 恵み野病院・脳神経外科医師 貝嶋光信
3.対象となる方 平成2012年4月以降に当院を退院した患者
4.研究の目的 匿名化された診療報酬データ(DPCデータ)を、医療の質と活動の実態調査を行い公衆衛生の向上に寄与する目的に、暗号化通信による電子的送付あるいは追跡可能な宅配等により、京都大学に提供する
5.収集するデータ 厚生労働省により規定され作成されたDPCデータ(年齢・性別、病名、手術・処置・薬剤等の種類、外来受診回数、入院期間、医療費など)
6.研究機関 京都大学大学院医学研究科医療経済学分野
7.問い合せ先 京都大学大学院医学研究科医療経済学分野 QIP事務局
075-753-4454
qip-office@umin.ac.jp
【当院担当者】
恵み野病院・診療情報管理室 中條晴樹
0123-36-7555


個人情報保護方針

当院では患者の皆様の尊厳とプライバシーを守り、迅速かつ適切なチーム医療を提供すべく日々努力を重ねております。患者様の個人情報に関しても、その取り扱いには細心の注意を払い、適切な管理に努めます。当院では、以下に示す「個人情報保護方針」(プライバシーポリシー)を定め確実な履行に努めます。

1.個人情報の収集と利用目的について

当院が患者様から個人情報を収集する場合、診療やそれに付随するその他の行為など医療本来の目的の範囲内で行います。収集した個人情報の主な利用目的は下記の通りです。

医療提供に関する利用
  • 受診された皆様に提供する医療サービス
  • 他の病院、診療所、薬局、訪問看護ステーション、介護サービス事業者等との連携
  • 他の医療機関等からの照会への回答
  • 最良の治療を行うため、外部の医師等の意見や助言を求める場合
  • ご家族等への病状説明
  • 医療サービスの維持・改善のための基礎資料
  • 外部検査委託業者に検査を委託する場合
診療費請求のための利用
  • 会計や入退院など患者の皆様に関る病院運営管理業務
  • 当院での医療、介護、労災保険、公費負担医療に関する事務
  • 審査支払機関、行政機関へのレセプト(診療報酬明細書)の提出
  • 審査支払機関又は保険者、行政機関等からの照会への回答
その他の利用
  • 医療の質向上を目的とした当病院内での症例研究
  • 国、地方公共団体あるいは医療に関する専門団体への報告、届出、情報提供
  • 療養費払い手続きのための義肢製作事業者等への情報提供
  • 当病院内において行われる医療実習及び医学生に対する病院見学への協力
  • 企業等から委託を受けて行われる健康診断における、企業等への結果の通知
  • 外部監査機関への情報提供
学会発表や研究目的での利用
  • 医療の発展のため学会発表や研究目的で個人情報を利用させていただく場合があります。その際、個人が特定される懸念がある場合は、ご本人の同意を得ずに利用することはありません。
2.個人情報の適正管理について
  • 当院では、患者の皆様の個人情報について、正確かつ最新の状態に保ち、個人情報の紛失、改ざん、漏えい、不正アクセス等を防止することに努めます。また、当院が策定した「個人情報保護に関する運用管理規定」を職員全員が遵守することにより、個人情報の適切な管理に努めます。
3.個人情報の訂正・利用停止について
  • 患者の皆様の個人情報の訂正・利用停止につきましては、「個人情報の保護に関する法律」の規定に従って対応いたします。
4.個人情報の開示について
  • 当院では、患者の皆様の個人情報について開示を求められた場合には、当院の規則に従って対応いたします。
5.問い合わせ窓口
  • 当院の個人情報保護方針に関してのご質問または同意しがたい事項がある場合は、1階医事課窓口にお申し出下さい。担当者が対応いたします。
6.法令の遵守と個人情報保護への取り組み
  • 当院は個人情報保護に関する日本の法令その他の規範を遵守します。また、以上の方針について、内容の見直しや継続的な改善に努めます。

診察時間

  • 平日午前: 9:00−12:00 平日午後: 14:00−17:00
  • 土曜(第2、第4は休診): 9:00−12:00

受付時間

  • 診療予約有り
  • 平日午前: 8:10−12:00 平日午後: 13:00−17:00
  • 土曜: 8:10−12:00
  • 診療予約無し
  • 平日午前: 8:10−11:00 平日午後: 13:00−16:30
  • 土曜: 8:10−11:00

当院は日本医療機能評価機構の認定病院です
PAGE TOP