恵み野病院 情報公開のページ

医療事故等の情報公開

恵み野病院では、医療事故を防止するために委員会(リスクマネージメント部会)を設置し、医療事故を未然に防ぐ努力を職員一同で行なっております。
 また、その取り組みの結果について情報公開を行い信頼を得ると同時に、皆様に安心して病院にかかられるように今後とも安全管理体制の強化に努めてまいります。

公開基準
  • 1.目的
  • 恵み野病院で発生した医療事故等についての情報を適切に公表することにより、医療を提供される側と提供する側の信頼関係を築くことが出来ると考える。更に医療内容の透明性を確保することが医療技術の向上と病院の安全管理体制の向上につながると考える。
     そこで、以下に示す公表基準に則り公表するものとする。
  • 2.公表の方法
  • 医療安全管理委員会(オーディット)は、公表基準に基づき医療事故等の事象を審議し公表の対象、時期を決定する。
  • 3.公表の内容
  • レベル2以上の全ての医療事故ならびにオカーレンスレポートに関しては集計を行い全体数ならびに大まかな分類集計数を当院ホームページ上で公開するものとする。ホームページ上では数の公表のみならず対策とその結果についても公表し当院におけるリスクマネージメントについても言及するものとする。
  • 4.用語の定義
  • 医療事故(アクシデント)
    医療に係わる場所で医療の全過程において発生する全ての人身事故であり、以下の場合を含む。なお、医療従事者の過誤、過失の有無を問わない。
    (a)死亡、生命の危険、病状の悪化等の身体的被害及び苦痛、不安等の精神的被害が生じた場合。
    (b)患者が廊下で転倒し負傷した事例のように、医療行為とは直接関係しない場合。
    (c)患者についてだけでなく注射針の誤刺のように、医療従事者に被害が生じた場合。
  • ヒヤリハット事例(インシデント)
    患者に被害を及ぼすことは無かったが日常診療の場で「ヒヤリ」としたり「ハッ」とした経験を有する事例。
  • オカーレンスレポート
    行なった医療行為に起因して、患者が死亡、もしくは重篤な後遺症が残った症例又は予期しなかった、または予期していたものを上回る処置その他の治療を要した症例について報告されたもの。
  • 5.医療事故レベル
  • レベル0:実施されなかったが医療行為などの準備段階で錯誤しそうになった場合。
  • レベル1:事故による被害が生じず、その後の観察でも問題が生じない場合。
  • レベル2:事故により患者への観察の必要が強化された場合。(レベル0,1でも、その検案が非常に重要と判断した場合はレベル2とする。)
  • レベル3:事故のため治療・処置の必要性が生じた場合。
  • レベル4:事故による障害が長期に渡って続く可能性が生じた場合。
  • レベル5:事故原因で患者が死亡した場合。
2016年度 レベル0以上の各々の件数
(2015年度,2014年度との比較)
区分 2016年度件数 2015年度件数 2014年度件数
レベル0 154 100 118
レベル1 758 596 519
レベル2 103 118 133
レベル3 5 6 11
レベル4 1 0 1
レベル5 1 2 1
総件数 1022 814 783

※報告件数は年々増加している。2013年度途中から報告方法が院内ネットワーク端末からのみとなった。2016年度は、前年度と比較し、レベル0、レベル1の報告件数が増加し、レベル2の件数は徐々に減る傾向にある。

ヒヤリ・ハットで報告されたレベル0から2までの原因分類
ヒヤリ・ハット月別報告件数
患者誤認(2014年度から2016年度)件数の推移

※医療安全管理室では患者誤認に対する対応を行ってきたが去年と同様の件数が発生した。
 誤認の内容は誤薬、採血、点滴関連が多かった。原因は患者確認ルールを実行しなかったことであった。

手術施設基準 適合手術件数

分類 件数
◇区分1に分類される手術
 ア 頭蓋内腫瘍摘出術等 14
 イ 黄斑下手術等
 ウ 鼓室形成手術等
 エ 肺悪性腫瘍手術等
 オ 経皮的カテーテル心筋焼灼術
◇区分2に分類される手術
 ア 靭帯断裂形成手術等
 イ 水頭症手術等 30
 ウ 鼻副鼻腔悪性腫瘍手術等
 エ 尿道形成手術等 14
 オ 角膜移植術
 カ 肝切除術等
 キ 子宮付属器悪性腫瘍手術等
◇区分3に分類される手術
 ア 上顎骨形成術等
 イ 上顎骨悪性腫瘍手術等
 ウ バセドウ甲状腺全摘出(亜全摘)術
 エ 母指化手術等
 オ 内反足手術等
 カ 食道切除再建術等
 キ 同種腎移植術等
◇区分4に分類される手術
 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術)
 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術 27
 腹腔鏡下汎発性腹膜炎手術
 腹腔鏡下胃局所切除術 1.内視鏡処置を併施するもの
 腹腔鏡下胃切除術(単純切除術)
 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術)
 腹腔鏡下胃腸吻合術
 腹腔鏡下胆嚢摘出術 53
 腹腔鏡下脾摘出術
 腹腔鏡下腸管癒着剥離術
 腹腔鏡下小腸切除術(悪性腫瘍以外の切除術)
 腹腔鏡下虫垂切除(膿瘍を伴わない)
 腹腔鏡下虫垂切除(膿瘍を伴うもの)
 腹腔鏡下結腸切除術(小範囲、結腸半側切除)
 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 10
 腹腔鏡下腸回転異常症手術
 腹腔鏡下直腸切除・切断術(切除術)
 腹腔鏡下直腸切除・切断術(低位前方)
 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 10
 腹腔鏡下腎盂形成手術
 腹腔鏡下尿膜管摘出術
◇その他の区分に該当する手術
 ア 人工関節置換術
 イ 乳児外科施設基準対象手術
 ウ ペースメーカー移植術 42
 エ 冠動脈、大動脈バイパス移植術及び体外環境を要する手術 12
 オ 経皮的冠動脈形成術 262

診察時間

  • 平日午前: 9:00−12:00 平日午後: 14:00−17:00
  • 土曜(第2、第4は休診): 9:00−12:00

受付時間

  • 診療予約有り
  • 平日午前: 8:10−12:00 平日午後: 13:00−17:00
  • 土曜: 8:10−12:00
  • 診療予約無し
  • 平日午前: 8:10−11:00 平日午後: 13:00−16:30
  • 土曜: 8:10−11:00

当院は日本医療機能評価機構の認定病院です
PAGE TOP