恵み野病院 情報公開のページ

医療事故等の情報公開

恵み野病院では、医療事故を防止するために委員会(リスクマネージメント部会)を設置し、医療事故を未然に防ぐ努力を職員一同で行なっております。
 また、その取り組みの結果について情報公開を行い信頼を得ると同時に、皆様に安心して病院にかかられるように今後とも安全管理体制の強化に努めてまいります。

公開基準
  • 1.目的
  • 恵み野病院で発生した医療事故等についての情報を適切に公表することにより、医療を提供される側と提供する側の信頼関係を築くことが出来ると考える。更に医療内容の透明性を確保することが医療技術の向上と病院の安全管理体制の向上につながると考える。
     そこで、以下に示す公表基準に則り公表するものとする。
  • 2.公表の方法
  • 医療安全管理委員会(オーディット)は、公表基準に基づき医療事故等の事象を審議し公表の対象、時期を決定する。
  • 3.公表の内容
  • レベル2以上の全ての医療事故ならびにオカーレンスレポートに関しては集計を行い全体数ならびに大まかな分類集計数を当院ホームページ上で公開するものとする。ホームページ上では数の公表のみならず対策とその結果についても公表し当院におけるリスクマネージメントについても言及するものとする。
  • 4.用語の定義
  • 医療事故(アクシデント)
    医療に係わる場所で医療の全過程において発生する全ての人身事故であり、以下の場合を含む。なお、医療従事者の過誤、過失の有無を問わない。
    (a)死亡、生命の危険、病状の悪化等の身体的被害及び苦痛、不安等の精神的被害が生じた場合。
    (b)患者が廊下で転倒し負傷した事例のように、医療行為とは直接関係しない場合。
    (c)患者についてだけでなく注射針の誤刺のように、医療従事者に被害が生じた場合。
  • ヒヤリハット事例(インシデント)
    患者に被害を及ぼすことは無かったが日常診療の場で「ヒヤリ」としたり「ハッ」とした経験を有する事例。
  • オカーレンスレポート
    行なった医療行為に起因して、患者が死亡、もしくは重篤な後遺症が残った症例又は予期しなかった、または予期していたものを上回る処置その他の治療を要した症例について報告されたもの。
  • 5.医療事故レベル
  • レベル0:実施されなかったが医療行為などの準備段階で錯誤しそうになった場合。
  • レベル1:事故による被害が生じず、その後の観察でも問題が生じない場合。
  • レベル2:事故により患者への観察の必要が強化された場合。(レベル0,1でも、その検案が非常に重要と判断した場合はレベル2とする。)
  • レベル3:事故のため治療・処置の必要性が生じた場合。
  • レベル4:事故による障害が長期に渡って続く可能性が生じた場合。
  • レベル5:事故原因で患者が死亡した場合。
2017年度 レベル0以上の各々の件数
(2016年度,2015年度との比較)
区分 2016年度件数 2015年度件数 2014年度件数
レベル0 56 154 100
レベル1 743 758 596
レベル2 155 118 133
レベル3 12 5 6
レベル4 1 5 6
レベル5 0 1 2
総件数 967 1022 814

※報告件数は年々増加している。2013年度途中から報告方法が院内ネットワーク端末からのみとなった。2016年度は、前年度と比較し、レベル0、レベル1の報告件数が増加し、レベル2の件数は徐々に減る傾向にある。

ヒヤリ・ハットで報告されたレベル0から2までの原因分類

○2017年度

ヒヤリ・ハット月別報告件数

○2017年度

患者誤認(2014年度から2016年度)件数の推移

○2015年度から2017年度部署別誤認件数

※医療安全管理室では患者誤認に対する対応を行ってきたがレベル0を除く患者誤認件数は昨年の25件から33件に増加した。2016年度に一旦減少したが、その後は増加傾向である。患者確認を怠ったものが殆どである。

手術施設基準 適合手術件数(平成29年1月〜12月)

分類 件数
◇区分1に分類される手術
 ア 頭蓋内腫瘤摘出術等 12
 イ 黄斑下手術等 0
 ウ 鼓室形成手術等 0
 エ 肺悪性腫瘍手術等 2
 オ 経皮的カテーテル心筋焼灼術 0
◇区分2に分類される手術
 ア 靭帯断裂形成手術等 0
 イ 水頭症手術等 23
 ウ 鼻副鼻腔悪性腫瘍手術等 0
 エ 尿道形成手術等 16
 オ 角膜移植術 0
 カ 肝切除術等 10
 キ 子宮付属器悪性腫瘍手術等 0
◇区分3に分類される手術
 ア 上顎骨形成術等 0
 イ 上顎骨悪性腫瘍手術等 0
 ウ バセドウ甲状腺全摘出(亜全摘)術 0
 エ 母指化手術等 0
 オ 内反足手術等 0
 カ 食道切除再建術等 0
 キ 同種腎移植術等 0
◇区分4に分類される手術
226
◇その他の区分に該当する手術
人工関節置換術 1
乳児外科施設基準対象手術 0
ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術 44
冠動脈、大動脈バイパス移植術及び体外循環を要する手術 0
経皮的冠動脈形成術 343
  ---急性心筋梗塞に対するもの 22
  ---不安定狭心症に対するもの 26
  ---その他のもの 295
経皮的冠動脈粥種切除術 2
経皮的冠動脈ステント留置術 292
  ---急性心筋梗塞に対するもの 21
  ---不安定狭心症に対するもの 22
  ---その他のもの 249
◇全身麻酔の件数
641

苦情投書への回答
ご意見内容 回答
(H30.7.17)○○号室、トイレドアの内側(下の部分)が塗料が剥げて汚く見えて気持ち良くありませ。毎日使用するので1日に何度も不快な気持ちになります。一日も早い改善を希望します。 大変申し訳ございません。すぐに対応、修理させて頂きました。
(H30.8.3)リバビリ室が暑すぎます。もう少し涼しくして下さい。 ご意見有難うございます。昨年から予算を組み計画していたのですが、工事が遅れてしまい大変ご迷惑をお掛け致しました。8月末までにエアコン設置工事を完了しております。
(H30.8.7)wi-fiを使えるようにして下さい。 ご意見有難うございます。スマートフォンやタブレット等の需要が増えて、wi-fiを使用する機会も増加しておりますが、以外と知られていないのがセキュリティの問題です。様々な暗号化方式が生み出されておりますが、その度にセキュリティの脆弱性が発見されています。特に病院は皆様の病歴等いわゆる「要配慮個人情報」の宝庫と言われており、絶対に情報漏洩は避けなければなりません。将来的には時代の流れとともにwi-fをi導入せざるを得ないと思いますが、このセキュリティの問題により検討に時間を要している状況です。どうかご理解とご協力をお願い申し上げます。
(H30.8.8)今回、井内先生始め関係諸先生方、またスタッフの皆様方には大変お世話になりまして無事退院を迎えることが出来ました。ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。 この度は、「皆様の声」にご投函頂き、有難うございました。今後も地域住民から安心、信頼される病院を目指して職員一同最善を尽くして参ります。
(H30.8.22)【入院食について】・味をもう少しはっきりさせてほしい。・メニューの組み合わせを考えてほしい(朝と夜同じおかずが出る)。・魚は焼き魚にしてほしい。・たまには揚げ物(フライ、天ぷら等)やカレーライスが食べたい。葉物(ほうれん草、小松菜等)は柔らかく煮過ぎ。・料理がワンパターン。 「皆様の声」にご投函頂き有難うございます。病院食ということで様々な制約がございますが、そのなかでも色々と工夫できるものはあるかも知れません。頂いたご意見は院内の栄養管理委員会にて検討させて頂きます。貴重なご意見有難うございました。
(H30.8.24)X線を撮る時に若い放射線技師の説明の言葉遣いが不快に感じる。今の若者とは思うが、「○○しますよ〜」「○○しましょうね〜」の言い方や時にはタメ口を言ってくる。本人に悪気がないのかも知れないが、気づかないこと、指導しないことに悪気を感じる。他人を小ばかにしたような言葉遣いに一番イライラしたので、この放射線技師だけではなく、指導をしてほしいと思い書きました。フレンドリー、やさしさ、丁寧とは感じなかった。 ご意見有難うございます。また、不快な思いをさせてしまい大変申し訳ございません。当院では、患者サービス向上委員会が主催する接遇研修があり、職員全員が毎年研修を受けるなど、接遇に対して十分配慮しているつもりではございますが、この度頂きました貴重なご意見を謙虚に受け止め、職員全員に周知のうえ今後の接遇研修に生かしていきたいと思います。
(H30.8.28)この度は、一泊二日で入院させて頂きました。いつも三浦先生、林先生、スタッフの皆様にお世話になり有難うございます。今後ともよろしくお願い致します。
(H30.8.30)2ケ月間3F病棟に入院致しました。その間、手厚い看護を頂き本日退院することができます。多くの看護師さんにお世話頂きましたが、その中でも特に患者の心に触れ親身になって下さった方、迅速かつ正確に対応して下さった方がいて感心しましたので、その方々を記して感謝に代えたいと思います。小原、加藤、山下、長谷川、坂本、各看護師さん。
この度は、「皆様の声」にご投函頂きありがとうございました。このような投書は職員にとって非常に励みになります。今後も患者様から安心・信頼されるような医療・看護の提供に努めて参ります。
(H30.9.7)小児科開いていてホッとしました。有難うございます。皆さん大変な時にご苦労様です。
(H30.9.10)お世話になりました。今回の東胆振地震で手術が延期になったことは残念です。
ご意見有難うございます。また、この度の台風・地震により被災された方々へ心からお見舞い申し上げます。当院では、コージェネレーションシステム(大型発電機)を備えており、北海道電力が停電となっても燃料がある限り院内には電気が供給されます。どうぞご安心下さい。しかし、手術の延期に関しましては余震等の更なる大災害へのリスクを考慮したものです。どうかご理解の程よろしくお願い申し上げます。
(H30.9.12)健康診断で消化管出血による精密検査を受けようとしたら、「予約なしで来てください」と言われ、来てみたら3時間以上待たされた挙句説明のみと言われました。このために私は次回再び休みを1日取らざるを得なくなりました。こういうことであるならば事前に問い合せした時に1日かかる旨の説明をしっかりしてほしかったと思います。検査にかかる休みは1日しかとれないのでとても困っています。 ご意見有難うございます。また説明不足により大変ご迷惑をお掛け致しました。他院で受けられた健康診断のため、当院では初診扱いとなり予約の対象とはなりませんでした。また、大腸カメラの場合は事前処置等があり、その日に検査は受けられないことになっております。このような流れを説明していなかったことは当院の落ち度であり、更に待ち時間についてお調べしたところ、たまたまこの日は2名の患者様にそれぞれ1時間程度の診察時間がかかっていたことが判明致しました。説明不足があったこと、待ち時間が長くなってしまったことについて深くお詫び申し上げます。
(H30.9.14) 旧セントラルスポーツの跡地が現在駐車場になっていますが、舗装が悪く軽自動車では大変です修理して下さい。 第2駐車場に関しては来週から補修工事に入ります。ご不便をお掛けし大変申し訳ございません。
※最後になりましたが、職員の応対・態度に関するご意見を数件頂きました。職員の接遇に関しては十分配慮しているつもりではございますが、皆様から頂いた貴重なご意見を謙虚に受け止め、職員の接遇教育に生かしていきたいと思いますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。また、激励・感謝の投書も今回記載した以外にも頂いております。この場をお借りして御礼申し上げます。有難うございました。

平成30年10月1日
 病院長

※尚、皆様から頂いたご意見全てに回答できるとは限りません。ご了承頂きたくお願い申し上げます。

診察時間

  • 平日午前: 9:00−12:00 平日午後: 14:00−17:00
  • 土曜(第2、第4は休診): 9:00−12:00

受付時間

  • 診療予約有り
  • 平日午前: 8:10−12:00 平日午後: 13:00−17:00
  • 土曜: 8:10−12:00
  • 診療予約無し
  • 平日午前: 8:10−11:00 平日午後: 13:00−16:30
  • 土曜: 8:10−11:00

当院は日本医療機能評価機構の認定病院です
PAGE TOP